Latest Posts最新記事

第二新卒の転職で、国内法人ではなく、外資系企業で働いてみたいと考える人もいるでしょう。外資系企業と聞くと、外国の会社というイメージが強いかもしれませんが、外国企業の雰囲気が強い会社ばかりではありません。

なかには外国法人の日本版のような企業もあるものの、外資系のイメージがない会社も外資系企業に含まれることがあります。いずれも、外資系企業の定義は、外国法人や外国人投資家が3分の1以上の株を保有していること。

外資系企業が日本企業と違うと感じるのは、重要な決定権の多くを海外法人や投資家が占めているためです。海外法人や外国人投資家の影響が社内で高くなることから、日本とは異なる社風が生まれることもあります。

この記事では、外資系企業の採用で知っておきたいポイント、外資系企業で働くメリット、デメリットについてまとめました。外資系企業への就職をお考えなら参考にしてみてください。

転職準備

新卒採用で就職した企業から、数年以内になんらかの理由で転職するとき「第二新卒」としてカテゴライズされます。 企業の求人募集を見ていても「第二新卒歓迎」「第二新卒優遇」などと記載されており、第二新卒者を積極的に募集しているところが多くあります。 「第二新卒」に該当する人材は企業にとっても魅力的であり、転職活動の際にアピールポイントとして活用することができます。 この記事では、第二新卒の需要や、企業が採用を行うメリット・デメリットに加え、強みとして転職活動に活かすためのポイントについて紹介しています。

転職準備

学生時代にTOEIC(トーイック)を受験していて、過去のスコアが第二新卒の転職でも使えるのかと、疑問をもっている人もいるでしょう。 もし有利に働くのであれば、履歴書に記載することもできますし、さらなる高スコアのために勉強をしなおすこともできます。第二新卒の転職でTOEICスコアを気にする必要はあるのでしょうか。 第二新卒で有利に転職活動を行うために知っておきたい、第二新卒とTOEICスコアの関係について説明します。

転職準備

第二新卒で新たな企業への就職活動を行う際に必要になる自己PRですが、新卒と差別化を図りながらアピールを行うことが大切です。 そもそも第二新卒とは、学校を卒業して数年程度働いたあとの転職者を指します。20代前半から半ばほどが該当する年齢ともいわれていますが、明確な定義はありません。 企業によっては、新卒よりも基本的な社会人としてのマナーがすでに身に付いている第二新卒を積極的に募集している場合もあります。 第二新卒ならではの自己PRで企業にアピールをするには、どのようにすればいいのか、自己PRの作成方法について見ていきましょう。

転職準備

企業の採用活動において、採用予定の人数は採用枠ごとに異なっています。第二新卒は、第二新卒枠でのエントリーを行っている企業だけでなく、新卒枠として採用しているところもあるため、応募する際には注意が必要です。

第二新卒はなぜ中途枠ではなく新卒枠で採用されているのか、気になる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、第二新卒が新卒枠で採用される理由や、新卒枠でエントリーするメリット・デメリットに加え、応募する際の企業選びの方法についても紹介しています。

応募方法

就職活動のときに必ずと言っていいほど行う自己分析。企業研究と同様に非常に大切な自己分析ですが、第二新卒で転職活動を行うときにも自己分析をするべきなのでしょうか。 新卒のときとは、置かれている状況や自分の考えも変わってきているはずなので、自己分析は必要です。今回は第二新卒の自己分析の方法についてご紹介します。

転職準備

新卒で入社した会社を辞めて転職したいと思う理由はさまざまですが、同業他社の同じ学歴やスキルを持つ社員と比較して給与が低いことも辞めたくなる原因のひとつです。 第二新卒では年収が下がるといわれますが、実際のところどうなのでしょう。第二新卒の平均年収と、年収が高い企業に転職するためのポイントをこの記事では紹介します。

転職準備

転職活動のため求人を比較していると、会社のホームページに直接応募のページが設置されていることがあります。直接応募と転職エージェントではどちらが良いのでしょうか。それぞれを利用したときのメリット、デメリットを紹介します。

応募方法

今の会社に不満がある、次のステップに進みたい、ほかにやりたいことができたなど、第二新卒の転職理由はさまざま。新卒のときに思い描いていた社会人像とのギャップに耐えられなくなって退職を考えるケースも多いのではないでしょうか。 転職するにあたって、面接で必ず聞かれるのが転職理由です。転職理由は正直に答えても良いものなのか悩む人も多いと思います。今回は、第二新卒向けの転職理由対策を紹介します。

転職準備

今の職場がなんとなく自分に合っていないと感じ、早いうちに転職しようと考えている人もいるのではないでしょうか。新卒から3年以内は「第二新卒」といって、新卒と同様の扱いで転職活動を行うことができるようになっています。

せっかく転職をするのなら失敗したくないですよね。第二新卒の転職ではどのような失敗パターンがあるのでしょうか。今回は、第二新卒の転職で起こりがちな失敗と成功する方法について紹介します。

転職準備

転職活動を成功させるには、さまざまな準備が必要です。転職活動の準備をするなら、転職エージェントを利用すると良いでしょう。転職エージェントを利用するときには、費用はかかるのでしょうか? そこで今回は、転職エージェントに費用が必要なのかについて解説しつつ、活用方法を紹介します。

転職準備

転職活動を行うときには事前に準備をしっかりとし、面接や書類作成などの対策が必須です。転職活動をスムーズに進めるという点でいうと、転職エージェントの利用がおすすめです。そこで今回は、転職エージェントの使い方と転職を成功させるコツを紹介します。

転職準備

第二新卒で転職するときの動機として、他の仕事を経験してみたいというものがあります。では、第二新卒で未経験の仕事に挑戦できるのでしょうか?そこで今回は、第二新卒が未経験の仕事に挑戦するときのコツを紹介します。

転職準備

第二新卒が転職活動をするときには、しっかりとした対策が必要です。そんなときにおすすめなのが転職サイトの利用です。転職サイトといっても数多くあり、それぞれ特徴があります。そこでここからは、第二新卒におすすめの転職サイトを紹介していきます。

転職準備

Featured Posts特集記事

転職準備 特集記事

第二新卒の転職で、国内法人ではなく、外資系企業で働いてみたいと考える人もいるでしょう。外資系企業と聞くと、外国の会社というイメージが強いかもしれませんが、外国企業の雰囲気が強い会社ばかりではありません。

なかには外国法人の日本版のような企業もあるものの、外資系のイメージがない会社も外資系企業に含まれることがあります。いずれも、外資系企業の定義は、外国法人や外国人投資家が3分の1以上の株を保有していること。

外資系企業が日本企業と違うと感じるのは、重要な決定権の多くを海外法人や投資家が占めているためです。海外法人や外国人投資家の影響が社内で高くなることから、日本とは異なる社風が生まれることもあります。

この記事では、外資系企業の採用で知っておきたいポイント、外資系企業で働くメリット、デメリットについてまとめました。外資系企業への就職をお考えなら参考にしてみてください。

転職準備 特集記事

新卒採用で就職した企業から、数年以内になんらかの理由で転職するとき「第二新卒」としてカテゴライズされます。 企業の求人募集を見ていても「第二新卒歓迎」「第二新卒優遇」などと記載されており、第二新卒者を積極的に募集しているところが多くあります。 「第二新卒」に該当する人材は企業にとっても魅力的であり、転職活動の際にアピールポイントとして活用することができます。 この記事では、第二新卒の需要や、企業が採用を行うメリット・デメリットに加え、強みとして転職活動に活かすためのポイントについて紹介しています。