次こそは失敗したくない。第二新卒におすすめな企業の特徴を紹介!

第二新卒は転職活動において有利だといわれています。 さまざまな求人情報サイトを見れば分かりますが、業種問わず多くの企業が第二新卒者を優遇しています。 この記事では、第二新卒が有利である理由と、転職先におすすめの企業について紹介します。 現在転職活動中の方は、記事の内容を参考にしてみてください。

この記事は約6分で読み終わります。

第二新卒の転職は選択肢が広がっている

冒頭でも紹介したように、日本では第二新卒であることが転職活動において有利にはたらきます。
それは、通常の新卒者や求職者にはない、第二新卒者ならではの市場価値があるというのが大きな理由です。企業からの需要が高いため、転職先の選択肢は広いといえるでしょう。

この項では、第二新卒の需要が高さについて具体的な理由を紹介します。

第二新卒が企業に求められる理由

そもそも「第二新卒」という言葉に正確な定義はありませんが、「新卒で入社してから3年未満の求職者」を指すのが一般的です。
そういった事情からも、第二新卒者の年齢は20代前半~後半というケースが多いです。
人材市場全体で見た場合、20代は将来有望な若年層です。20代後半であっても、多くの業界でフレッシュな人材として魅力的に映るでしょう。

さらに通常の新卒者と違い、第二新卒者は一定の職務経験を積んでいます。
少ない期間であっても一定の職務経験があるということは、企業から見れば「戦力化しやすい」というメリットして捉えられるでしょう。

こういった要素が、第二新卒者が転職活動において有利となる理由です。

第二新卒を採用する企業は増えている!

新型コロナウィルスの影響により全体の求人数は大きく減少していますが、現在でも第二新卒の需要は増え続けています。
業界によって求める理由はさまざまですが、企業のよっては「うまくいかなかった新卒採用を第二新卒で補う」というケースもあります。

どのような事情であれ、今後も第二新卒を求める企業は増えていくことが予想できるでしょう。

第二新卒者におすすめの企業を紹介!

ここまでは、第二新卒が転職活動において有利である理由について解説しました。前述したように、業種問わず多くの企業が第二新卒者を求めています。

候補となる応募先はさまざまありますが、とくに将来性のある業界が「X-Tech(クロステック))という成長産業です。
X-Techとは、既存産業をIT技術で活性化させようとしている産業のことです。先鋭的な企業が多いことからも、第二新卒に対する人材需要も高い傾向にあるといえるでしょう。

ここからは、X-Tech業界を例に、第二新卒者におすすめの企業を紹介します。

Wantedly

Wantedlyは、企業の人事部門が抱えている問題をIT技術で解決するサービスを提供しています。
専用のビジネスSNSを配信しており、「待遇の掲載禁止」など従来の採用活動にはない斬新な採用アプローチを打ち出しています。
先鋭的な視点とIT技術を用いたサービスは、今後も転職市場の中心となるでしょう。

リクルート

教育系のX-Techでは、「スタディサプリ」というサービスを提供しているリクルートが有望です。
スタディサプリは小・中・高を対象としたWEB学習サービスで、人気講師の授業を月額980円という低料金で受けることが可能です。

リクルートは、スタディサプリをとおして教育の格差是正への取り組みを行っています。最新のIT技術を使った取り組みは、今後も多くの利用者を増やしていくでしょう。

クックパッド

食料系のX-Techでは、料理レシピの投稿・検索サービスで有名なクックパッドです。
クックパッドは食に関する問題をIT技術で解決することを目指しており、レシピ投稿サービス以外にもさまざまな事業展開を行っています。
食ビジネス専門メディアの立ち上げ、食品業界のデジタルマーケティング参入など、意欲的な姿勢は今後も業界を力強くけん引していくことでしょう。

最終的には自分に合う企業へ転職することが重要

前項では、第二新卒者におすすめの転職先として、X-Techの企業を紹介しました。
革新的なサービスや時代に合った企業理念など、どの企業も魅力的な転職先だといえるでしょう。

しかし、いくら好条件であっても「自分に合っている企業であるか」という点が、最終的には転職先を決める重要な要素になります。
あくまでも転職活動自体は通過点であり、転職後の仕事がうまくいって初めて成功といえるのです。

第二新卒というアドバンテージは一度しか使えません。せっかく採用されたのに、採用後すぐ転職してしまうことにならないよう、応募先は慎重に選ぶようにしましょう。

転職前にまずは自己分析をしよう

自分に合った企業へ転職するためには、自己分析を行うことが基本です。
第二新卒者は前職の職務経験を元に、冷静な目で自己分析をしておきましょう。

最後に、転職活動における自己分析の必要性について解説します。

なぜ自己分析が必要なのか

そもそも、なぜ転職活動では自己分析が必要なのでしょうか?
それは、自分が仕事に求めている条件を知ることで、自分に合った転職先を見極めやすくするためです。

とくに第二新卒の場合は、新卒時の就職活動とは違って一定の社会人経験を積んでいます。新卒の時と違い、仕事に対して求める条件なども変化しているでしょう。
求める条件が見えていれば、応募先の選別や面接時のアピールが行いやすくなります。

反対に、条件があいまいだと効率の良い転職活動が行なえないだけでなく、自分に合っていない企業へ応募してしまう可能性も高くなります。

自分に合う企業へ確実に転職するためにも、自己分析は必ず行うことが大切です。

STORY CAREERで自分に合った企業へ転職!

自己分析の方法はさまざまあります。
書籍やインターネットの情報を元に自己流で行う方法もありますが、より実用的な自己分析を求めるのであれば、転職支援サービスを利用するのもおすすめです。

就職支援サービスを行っているSTORY CAREERでも、第二新卒者の転職活動をサポートしています。
STORY CAREERでは、専用の自己分析ツール「SWシート」を用いることで、精度の高い自己分析が実現できるでしょう。

また、担当するキャリアアドバイザーは第二新卒者の人材市場についても熟知しているので、履歴書や面接対策などについても、プロの目線から的確なアドバイスができます。
自己分析をはじめ、転職活動を一人で行うのが難しいようであれば、STORY CAREERへご相談ください。

まとめ

人材市場における需要の高さから、第二新卒者は転職活動において有利です。若さと職務経験を兼ね備えた第二新卒者は、多くの企業にとって魅力的な人材だといえるでしょう。
成長産業であるX-Techをはじめ、今後もさまざまな業界で第二新卒者の求人募集が増えることが予想されます。

とはいえ、いくら転職活動が有利であったとしても、自分に合った企業に採用されなければ円満に働き続けることは難しいです。
自分の適正や求める条件に合う企業で働くためにも、応募前はしっかりとした自己分析を行いましょう。

そのほか、転職活動は必要な準備がさまざまあります。
一度しか使えない第二新卒という状況を活かすためにも、準備は慎重に行う必要があります。自己分析など自分一人では難しいようであれば、転職支援サービスなども利用して、理想的な転職を実現してみてください。