keywords"転職エージェント"

STORY CAREERは新卒向け就職支援サービスを行っていて、新たに第二新卒向けの採用コンサルティングを未知株式会社とタッグを組んでスタートしました!

STORY CAREERは「人々が早期から自分のキャリア・人生について考え、社会の中で自分らしく働くことのできる社会を創造します。」をビジョンに掲げ、「なんとなく」でキャリア選択をし、「働きがいがある」という人が6%しかいない社会を少しでも良くしようと考えています。STORY CAREERは『”これまで懸命に頑張ってきた人”が自分にとっての”正解”を選びとる社会』を作るために設立されました。

STORY CAREERでは転職支援実績豊富なキャリアアドバイザーが在籍しています。
企業とのコネクションがあるだけでなく、キャリアアドバイザーそれぞれのコネクションもあるため、企業をきちんと理解したアドバイザーに対応してもらえます。

「転職エージェントなんて信用できない!」と考えている人も多いのではないでしょうか? 本来なら、転職エージェントとは、ひとりひとりに担当者がつき、個々に合う転職活動のサポートをしてくれる、就職活動中の人には心強いサービスです。 しかし、転職エージェントを信用できないと、任せたいものも任せられなくなり、不安ばかりが募って、安心して転職活動を行えないでしょう。 ここでは、信用できる・できないエージェントの特徴や転職エージェントを利用する上での注意点と対処法などについてご紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

転職活動の方法のひとつとして、転職エージェントを利用している人もいるでしょう。しかし、サービスに登録してもなぜか転職エージェントに相手にされないという問題があります。 この記事では、そのような疑問や不安を持っている人に向けて、転職エージェントの仕組みや、相手にされない理由を解説します。ぜひ参考にしてみてください。

新卒で就職した会社に不満があったり働きづらいと感じたりする場合には、転職を検討するでしょう。転職活動をするなら、今度は失敗しないように会社をよく見極めなければなりません。 ここでは、第二新卒として転職活動をする人が、働きやすい会社を選ぶ際に注目すべきポイントを解説していきます。

2020年に入ってから新型コロナウイルスによる大規模な感染症が流行しており、現在では第3波がきている状況です。 そして、このコロナ禍による影響でさまざまな企業が倒産に追い込まれています。そのため、ご自身が勤めている会社が倒産し、職を失うという可能性がないとは言い切れません。 会社が倒産するとなった場合転職をする必要があります。しかし転職をいつ行えば良いかわからないという方も多いのではないでしょうか。 今回は、転職は倒産前・倒産後どちらに行うのが良いか、それぞれのメリット、転職する際の注意点について解説します。

マイナビジョブ20という言葉を一度は目にした方も多いのではないでしょうか。そのマイナビジョブ20の評判は、実際どうなのでしょう。気になりますよね。

今回は、そんなマイナビジョブ20の評判について詳しく解説していきます。

一昔前なら、終身雇用が当たり前でした。終身雇用とは、新卒で入った会社で、定年までもしくは自分の望む年齢まで、働くというのが主流でした。一度入った会社でほぼ仕事の一生を捧げる時代です。

しかし、近年では転職が当たり前になってきました。転職が以前よりも許容される社会になってきましたね。その中でも誰しも「転職は何回までして良いのか?」と考えた人も多いのではないでしょうか。

ここでは、そのような悩みや不安について詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてください。

転職をするときに資格があるのは、やはり自己アピールにつながりますし、有利なことは事実です。また、何より自分の自信にもつながるでしょう。

ここでは20代で転職を考えているが、何が有利な資格なのかを詳しくご紹介していきます。
転職を考えているひとは、なぜ資格が必要なのか、どんな資格があるのか、どんな資格が有利なのかについて具体的に書いていますので、参考にしてください。

新卒一年目で、毎日ヘトヘト。人は慣れるっていうけど…自分に合っていないと感じて、転職しようと考えている人はあなただけではありません。新卒の約30%、3人に1人が就職から3年以内に転職しているというデータもあります。

この記事では、新卒一年目での転職に対して自問自答をしている人に向けて、ひとつひとつ解説しています。今の仕事にさまざまな悩みをもつ人も、ぜひ参考にしてください。

ベンチャー企業に行きたい人ってどういう人? ベンチャー企業とは一体どのような企業のことをいうのでしょうか。 また、ベンチ … 続きを読む 第二新卒でベンチャーを選択するべきか?ベンチャーに向いている人いない人を解説!

一昔前までは、入社してその職場で定年を迎えるというのが当たり前でした。しかし、近年では転職は、珍しくないものになってきましたよね。女性の社会進出も当たり前になってきました。

その中でも20代のうちに転職したいと思っているけど、将来が不安でいっぱいなひとも多いのではないでしょうか。ですが、無理をして仕事をすることはありません。転職は逃げることではないですし、自分の人生を豊かにするためにも見つめ直す良い機会でしょう。

ここでは、女性のために20代でも失敗しないための戦略を解説していきます。では、見ていきましょう。

近年、ひとつの会社に定年退職するまで勤めあげる人は珍しく、職を転々とする人が増えてきました。中には20代で転職を考える人もいるようです。 理由も様々で、残業があまりにも多すぎる、給料が聞いていたものよりも少なかった、仕事内容に興味を持てなかった、職場の人間関係になじめなかった…などが挙げられます。 この記事では転職の準備や実際の流れをもとに紹介していきますので、転職の際に参考にしてみてくださいね。

「第二新卒の就活は不利なのか」「門前払いされるのではないか」そんな風に不安に思っている人も多いでしょう。第二新卒は企業側からするとどのような見方がされているのでしょうか。また、第二新卒が強みとなるのはどのようなところか、門前払いされないためにはどうすれば良いのか解説していきます。

数ある転職サイトのなかでも、TVコマーシャルなどで知名度の高い「ビズリーチ」というサービスがあります。 「優良企業や一流ヘッドハンターから直接スカウトが届く」という宣伝からも、ハイクラス転職サイトとしてのイメージが強いです。 では、実際にビズリーチとはどういった転職サイトなのでしょうか。 今回は、有名転職サイトであるビズリーチについて、そのサービス内容や利用条件などを具体的に紹介します。 とくに20代の方に向けた内容となっていますので、現在転職活動中の方は参考にしてみてください。

転職についての不安がつきまとう中、聞きなれない言葉も耳にするのではないのでしょうか。第二新卒の方が転職を検討していると耳にするのが「前職調査」です。 「そもそも前職調査ってなに?」「何を調べられるの?転職が難しくなるのでは?」そんな声が上がる一方で「今ではもう、前職調査はやっていないらしいよ」という噂もありますよね。実際はどうなのでしょうか?2020年における前職調査の実態についてお伝えしていきます。

大学を卒業して新卒で会社に入社し、3年経過すれば仕事にも慣れてきて余裕の出てくる時期です。中には「3年働いたから他の業種・業界にチャレンジしたい」「他の仕事に転職を考えている」という方もいるのではないでしょうか。 新卒で入社して3年経過すれば25歳になり、この年代を既卒または第二新卒と呼ばれています。第二新卒は企業側からの需要が高く、転職しやすい時期になっています。 ではなぜ第二新卒が企業にとって需要があるのでしょうか。 今回は第二新卒が転職に適している理由、25歳での転職を成功させるポイントについて解説します。

第二新卒の転職で、国内法人ではなく、外資系企業で働いてみたいと考える人もいるでしょう。外資系企業と聞くと、外国の会社というイメージが強いかもしれませんが、外国企業の雰囲気が強い会社ばかりではありません。

なかには外国法人の日本版のような企業もあるものの、外資系のイメージがない会社も外資系企業に含まれることがあります。いずれも、外資系企業の定義は、外国法人や外国人投資家が3分の1以上の株を保有していること。

外資系企業が日本企業と違うと感じるのは、重要な決定権の多くを海外法人や投資家が占めているためです。海外法人や外国人投資家の影響が社内で高くなることから、日本とは異なる社風が生まれることもあります。

この記事では、外資系企業の採用で知っておきたいポイント、外資系企業で働くメリット、デメリットについてまとめました。外資系企業への就職をお考えなら参考にしてみてください。

新卒採用で就職した企業から、数年以内になんらかの理由で転職するとき「第二新卒」としてカテゴライズされます。 企業の求人募集を見ていても「第二新卒歓迎」「第二新卒優遇」などと記載されており、第二新卒者を積極的に募集しているところが多くあります。 「第二新卒」に該当する人材は企業にとっても魅力的であり、転職活動の際にアピールポイントとして活用することができます。 この記事では、第二新卒の需要や、企業が採用を行うメリット・デメリットに加え、強みとして転職活動に活かすためのポイントについて紹介しています。