keywords"転職"

第二新卒は転職活動において有利だといわれています。 さまざまな求人情報サイトを見れば分かりますが、業種問わず多くの企業が第二新卒者を優遇しています。 この記事では、第二新卒が有利である理由と、転職先におすすめの企業について紹介します。 現在転職活動中の方は、記事の内容を参考にしてみてください。

就職試験をパスして努力して入社したものの、なんかこの会社…自分と合わないかも?と感じたことはありませんか。やりたい仕事や好きな分野の会社でも、実際に入ってみると理想と現実のギャップを目の当たりにして、合わないと感じる人も多いです。 会社が合わないかもと感じたときにはどうすればよいのでしょうか。今回は会社が合わないときの対処法について紹介します。

以前までは新卒で入った会社は、入社してから3年は我慢とはいわれていました。しかし時代は変わり、最近では3年以内に退職し転職活動を行っている人が増加しています。 社会人としての経験は浅いもの、採用市場では第二新卒として扱われているため、転職することは可能です。 今回は第二新卒で成功するための方法を紹介します。転職の成功例、納得のいく企業に転生する方法を交えながら解説します。

2020年に入ってから新型コロナウイルスによる大規模な感染症が流行しており、現在では第3波がきている状況です。 そして、このコロナ禍による影響でさまざまな企業が倒産に追い込まれています。そのため、ご自身が勤めている会社が倒産し、職を失うという可能性がないとは言い切れません。 会社が倒産するとなった場合転職をする必要があります。しかし転職をいつ行えば良いかわからないという方も多いのではないでしょうか。 今回は、転職は倒産前・倒産後どちらに行うのが良いか、それぞれのメリット、転職する際の注意点について解説します。

新卒で入った会社で、仕事に慣れてきて余裕ができた頃に本当にずっと今の会社で働き続けて良いのか、と考える新卒社員の方は多いです。そこで考えるのが転職です。 転職は今後の人生を左右する大きな決断ですが、第二新卒の転職活動は可能なのでしょうか。 一般的には新卒で3年同じ会社で働くのが常識とされていたため、以前までは第二新卒の転職はやめた方が良いという風潮がありました。しかし現在では第二新卒で転職活動を行っている方も多いです。 今回は第二新卒での転職活動が一般化されている理由、第二新卒の転職で行うべき行動について解説します。

「新卒で失敗した!もう終わりだ・・・」と思っている人いませんか?想像している以上に、就職を失敗している人は多いです。

周りを見てみて第一志望の企業から内定をもらえなかったという人はいるはずです。失敗という点では、変わりありません。大学を卒業しても、就職しない人も近年では、増えてきています。

例えば、発展途上国にボランティアに行く人や海外に行く人、中には世界一周をしてみる人など時間があるからこそできることですよね。失敗したとあまり悲観的にならないようにしましょう。

新卒で失敗しても人生終了にしない方法をここでは解説していきます。

第二新卒から公務員になりたいけどなれるのか?考えたことはないでしょうか。

結論からいうと第二新卒からでも例外はありますがもちろん公務員になれます。今回は、第二新卒から公務員になるために解説していきます。第二新卒から公務員になりたいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

マイナビジョブ20という言葉を一度は目にした方も多いのではないでしょうか。そのマイナビジョブ20の評判は、実際どうなのでしょう。気になりますよね。

今回は、そんなマイナビジョブ20の評判について詳しく解説していきます。

新卒で逆転できるのか。正直、本当にできるの?って考える人々のほうが多いでしょう。しかし、近年では転職も珍しくないくらい昔と状況などが変わってきています。そのため、新卒で失敗しても逆転できる可能性は大いにあります! 今回は、そのような新卒で失敗しても逆転できる理由と方法を解説していくのでぜひ参考にしてください。

近年、日本では転職ブームが起こっています。転職活動に取り組まれる人々や中途採用求人数ともに右肩上がりで増加しているのは知っていますか?

このような転職の流行により、転職サイトがインターネット上で増加しているのです。転職サイトとは、転職を前提とした求人情報提供を行なっているサイトです。そのため、新卒者の就職を対象としている訳ではありません。

しかし、転職サイトを上手く利用して就活で、いわば「勝ち組」となる新卒学生が増えつつあります。今回は、そのように「勝ち組」になるために新卒で転職サイトを活用するポイントをいくつか挙げていきますので、ぜひ参考にしてください。

一昔前なら、終身雇用が当たり前でした。終身雇用とは、新卒で入った会社で、定年までもしくは自分の望む年齢まで、働くというのが主流でした。一度入った会社でほぼ仕事の一生を捧げる時代です。

しかし、近年では転職が当たり前になってきました。転職が以前よりも許容される社会になってきましたね。その中でも誰しも「転職は何回までして良いのか?」と考えた人も多いのではないでしょうか。

ここでは、そのような悩みや不安について詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてください。

「新卒で入社した会社だけど、もう退職したい…第二新卒だし、まだチャンスはあるはず。この職種はもうイヤだから、違うところがいいなぁ…」

「転職先の業種にこだわりはないんだけど、転職活動で大変な思いはしたくないし、入りやすい業界ってどこかなぁ。今後の成長が期待できる業界だと、将来安定するかも!」

第二新卒として転職活動を始めようとするとき、どんな業界・職種で働くのかは応募先企業を決めるうえで、とても大切な要素のひとつです。これまでの業務で大変な思いをしている場合は、職種や業種を変えて働いきたいと思うこともあるでしょう。

そこでこの記事では、以下のことをくわしく解説します。

・第二新卒が今とは異なる職種や業界へ転職できるのか
・転職先として魅力のある、今後の成長が期待できる業界や求人の多い業界
・仕事をしながら転職するコツ

あなたの転職活動に役立つ情報なので、ぜひ最後までお読みください。

転職活動を続けているけれど、サイトからの情報だけでは、その会社のことがあまり良く分からない……。そうお悩みの方もいるのではないでしょうか。

実際に会社のことを知るのに最適なのが「転職イベント」です。たくさんの企業の情報を仕入れられるだけでなく、企業の採用担当者から直接話が聞けるという滅多にない機会でもあります。

この記事では、第二新卒向けの転職イベントを紹介していきます。転職イベント参加にあたって必要な持ち物や、転職イベントに向いている人、そうでない人の解説、おすすめの転職イベント8つを紹介していきます。

この記事を読んで、ぜひ転職イベントへの参加を考えてみてくださいね。

転職というのは、人生における大きな決断です。 とくに、まだ社会人として経験が浅い20代の場合、30代や40代とは違った悩みや不安を抱えがちです。 今回は、転職にまつわる悩みについて、20代にフォーカスを当てて解説します。 転職すべきかどうか現在進行形で悩んでいる20代の方は、記事の内容を参考にしてみてください。

一般的には大学や専門学校を卒業したあとは会社に入るというのが一般的です。会社に入るということは社会に出るということを意味し、今までの環境と大きく異なります。
特に入社してから3ヶ月目くらいはようやく慣れてくる頃ですが、それと同時に研修期間も終わり本格的に実務に入ります。業務量や残業が増え辞めたいと感じる人も出てくるでしょう。
また「3年程度経験も積めたからそろそろ新しいことにチャレンジしたい」と考え転職を考える人もいます。 しかし、何の準備もしないまま会社を辞め転職活動を始めてしまえば失敗しやすいです。
今回は20代の転職で失敗してしまう原因、20代で転職を成功させるためのポイントについて解説します。

転職をするときに資格があるのは、やはり自己アピールにつながりますし、有利なことは事実です。また、何より自分の自信にもつながるでしょう。

ここでは20代で転職を考えているが、何が有利な資格なのかを詳しくご紹介していきます。
転職を考えているひとは、なぜ資格が必要なのか、どんな資格があるのか、どんな資格が有利なのかについて具体的に書いていますので、参考にしてください。

新卒一年目で、毎日ヘトヘト。人は慣れるっていうけど…自分に合っていないと感じて、転職しようと考えている人はあなただけではありません。新卒の約30%、3人に1人が就職から3年以内に転職しているというデータもあります。

この記事では、新卒一年目での転職に対して自問自答をしている人に向けて、ひとつひとつ解説しています。今の仕事にさまざまな悩みをもつ人も、ぜひ参考にしてください。