keywords"退職"

就職試験をパスして努力して入社したものの、なんかこの会社…自分と合わないかも?と感じたことはありませんか。やりたい仕事や好きな分野の会社でも、実際に入ってみると理想と現実のギャップを目の当たりにして、合わないと感じる人も多いです。 会社が合わないかもと感じたときにはどうすればよいのでしょうか。今回は会社が合わないときの対処法について紹介します。

2020年に入ってから新型コロナウイルスによる大規模な感染症が流行しており、現在では第3波がきている状況です。 そして、このコロナ禍による影響でさまざまな企業が倒産に追い込まれています。そのため、ご自身が勤めている会社が倒産し、職を失うという可能性がないとは言い切れません。 会社が倒産するとなった場合転職をする必要があります。しかし転職をいつ行えば良いかわからないという方も多いのではないでしょうか。 今回は、転職は倒産前・倒産後どちらに行うのが良いか、それぞれのメリット、転職する際の注意点について解説します。

会社を退職すると決まれば退職届を出せば終わりというわけではありません。退職をする前には順序というものがあります。しかし、退職の流れを会社の人には聞きにくいものです。今回はこれから退職をするという方に向けた退職までの一連の流れを紹介します。 退職当日は会社の人と会社で会う最後の日です。これまでお世話になった人たちに感謝を伝える最後の場にもなります。「一緒に働けて良かった」と思ってもらえるようにマナーを心得ておきましょう。

「内定通知が来たけど、このまま受諾していいのかな・・」 「労働条件って何を確認すればいいんだろう」 内定通知が届き、一安心。しかし労働条件を見て受諾すべきか悩んでいる方も多いことでしょう。 今回は労働条件の確認するべき項目と、確認方法について解説していきます。 この記事を読むことで、実際にもらった内定を受諾すべきか辞退すべきかが判断できる内容になっています。 ぜひじっくりとお読みください。

内定後に退職の意思を勤務先に伝える際、お世話になった会社なので、できるだけ円満に退職したいと望む方も多いのではないでしょうか。実は円満に退職するためには、退職するまでの行動や態度が重要なのです。 今回は、円満に退職するために押さえるべきポイントと、退職交渉がうまくいかない時に利用できる退職代行サービスについてご説明します。